はっとさせられる言葉たち

世の中の名言や言葉に対して、気ままなコメント。そして日常の報告という少しおかしな形式ですが、書きやすいブログということで、これでしばらくやっていきます。

正直に自分の無知を認めることが大切だ。

f:id:BINGO616:20191211212418j:plain

Daniela DimitrovaによるPixabayからの画像

正直に自分の無知を認めることが大切だ。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。

byウォルター・イライアス・ディズニー

 

正直に自分の無知を認める、非常に大切なことだと思います。

この名言は、その後、「そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる」と続きますが、私は特に日常体験も重なり、その前の「正直に自分の無知を認める」、このことがやはり一番大切で心に響きます。

仕事をしていますと、40代、50代の方で業界の事や商品の事を意外と知らない方に出くわします。

業界や商品の事を知らないと、まず仕事が出来るようにはなりません、例外はあるかと思いますが。

私もまだまだ若手に分類されるかもしれませんが、やはり年々、これだけ働いていて知らないと恥ずかしい、聞くの恥ずかしいなぁと思うことが増えてきました。

40代、50代ではなおさらそうですよね。

もっと恥ずかしいんだと思います。

仕事柄、本社からの研修生に接しているときに、必ず1回は伝えていることが、聞くのがどれだけ恥ずかしいと思っても、絶対に聞きなさい、知らないで済ますことが後々に与える影響はかなり大きいよ、と。

わからないこと、知らないことがあれば、臆せずに聞く、これは私自身、50代、60代になっても、変えてはいけないスタンスだと自分に言い聞かせています。

新人からの質問でも、分からなければ、分からないと答えましょう。

死ぬほど恥ずかしいかもしれませんが、これは効果があります(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。